親不知顛末記

抜糸デー

ラスボスを倒してから1週間。
今日は抜糸デー。

痛みも無くなりつつあったので、ルンルンしながら(←死語)歯科へ。

先生は左頬下を触って、「うん、腫れは大分ひいてますね」と言っていた。
いや、もう完全にひいてると思います。だってそこ2重顎ですから(爆)
残念ながら完全にはひかないですから~( ̄∀ ̄;)

さて抜糸。
チョンチョンで終わるつもりだったのに、先生が糸を引っ張ったら結構痛い。
「あ~、治りが早くて肉が盛り上がってきて糸が埋まってるんだよね」

なんですとっ?!Σ( ̄□ ̄;)
前回はドライソケットになってぬいぐるみになったりしたのに、今回はまさかの「治りが早い」?
…栄養摂って安静にし過ぎたか?(-_-;)

そして「ちょっと痛いけど我慢してねー」と言われつつ、抜糸。
えぇ、我慢しましたよ。抜歯に比べたらなんてことないですし<( ̄^ ̄)>

かくして、親不知顛末記はこれにて終了!!

…と、ブログを締めようと思っていたのに、帰り際
「治る途中で腫れたりすることもありますから、その時はまた来てください」と。

という訳で、一応終了とさせていただきます(弱気)
あぁ…何事もありませんように。

| | コメント (4)

消毒に

抜歯部分の消毒をしに歯科へ。
今日診てくれた先生は抜歯した先生と違うのは知っていたが、これがまた何ともお気楽な先生だった。

名前を呼ぶなり、「まだ痛いでしょう?」と聞くので、「はい。まだ痛いです」と正直に答えたら、「そうでしょうねぇ。レントゲン見たら、あれは大変だな~って。僕なら絶対やりたくないです。」とキッパリ。

いいのか?そんなこと患者に堂々と言ってしまって…┗(-_-;)┛

消毒してもらった患部はキレイに治りつつあるようで良かった。
後は3日後の抜糸を待つのみ!

| | コメント (2)

腫れてるー

思いっきり腫れてます。
デフォルト下膨れの私の顔でも、違いがしっかり分かるくらい。

片側だけ宍戸錠(爆)

「腫れるよ」とは言われたけど…まさかこんなに酷いとは。
あれだけグイグイやられ続けたら、そりゃ腫れるか…。

喉の痛みと切れた口角は一晩寝て回復したけれど、口が開かない。
開口部がおよそ2.5cm。
でも、食欲はあるから困ったもんだ。

| | コメント (2)

最後の親不知抜歯

いよいよラスボスとの決戦日!
「No 親不知」な私になるため、いざ歯医者へ。

最後の親不知は「下顎水平埋伏智歯」。
完全に横に寝ている上に生えてきてもいない厄介な奴だ。

2年前にも逆の親不知を抜歯しているので、流れは大体分かっているけど…やっぱりちょっと緊張。
そうこうしているうちに名前が呼ばれ、診療台へ。前回撮影したレントゲンを見ながら簡単な説明を受ける。
「前回のより大変ですよね?」と聞いたら「ええ。ちょっと厄介ですね」と言っていた。そうだろうな…何せラスボスだもんね。

まずは麻酔。
痛くないようにするための麻酔だけど、その麻酔自体が痛い。でも我慢できない痛みじゃないので、じっと我慢。
先生に「麻酔効き辛いので少し長めに待ってください」と伝える。「はい分かりました」と先生。
しかし、5分後に「はい、始めますね」と処置開始される。
え?もう?と思ったけど、ちゃんと効いているらしく痛みは無かった。…良かった(´o`;)

実況中継をしてくれる先生なので、今自分が何合目に居るかは大体予測出来る。
前回よりも順調に進んでいるな~と思った矢先、ちょっと痛みが走る。

すかさず「ひはいです(痛いです)」と言いつつ、左手を上げてお知らせ。すぐに麻酔追加。
そして、その後からが長かった!!
「押しても駄目なら引いてみな」と言わんばかりにグイグイとやっているのに取れない。取れない時間がものすごく長く感じる。
その間、数人の先生がやって来ては「もう脱臼しているね。すぐ抜けるよ」と言っては去って行った。
いや、でも「すぐ」と言ってから、もうかれこれ20分は経ってますけど~(T_T)
その間にまた痛くなり、麻酔追加。

抜歯開始から1時間位経った頃、他の先生に代わった。この先生が救世主となるか?!
ひとしきりグイグイやった後、「分かった!ここだ!ここにひっかかってるんだよ」と。
ここってどこだ?よく分からないけど、早くしてください。もう顎が限界ですぅ~。
その矢先にまた痛みが…そして3度目の麻酔追加。
追加するくらいなら、初めからたくさん打っておいて欲しい。(涙目)
そんなこんなでようやくようやく抜けました!!\(^o^)/
最後に抜いてくれたのは担当医のボスだったらしい。まさにラスボスにふさわしい相手!

その後、洗浄→縫合と進み、止血のためのガーゼを噛んでいる間に術後の注意事項の説明。
ちょっと面白いことを言っている先生には悪いけど、ガーゼ噛んでるから笑えないし、返事出来ないですよ。(-_-;)

どうやら麻酔が切れ始めているらしく…待合室に戻ったら、旦那に「大丈夫?」と言われたけど、全然大丈夫な状態じゃなかった。
笑う余裕が無い。早く痛みどめを飲んでしまいたいーー。
次回の予約と会計を済ませて、速攻で調剤薬局へ。その場でお水をもらって薬を飲みました。
でも、すぐには効かないんだよね…(T_T)
自宅に戻ってからがピークで痛みから涙も出て来るし、何より喉が腫れて来て唾も飲めない状態に。
喉まで腫れるとは知らなかった!Σ( ̄□ ̄;)
しばらくはこいつと闘うこととなりそうです。

| | コメント (2)

親不知抜歯3本目

また親不知抜いてきた。
これで3本目(^_^;)

私の親不知は左側だけが上下残っていて、ちゃんと露出しているのは上のみ。
今回は横向きに生えている下側の歯肉が腫れてしまい、咀嚼する度にその部分を上の親知らずが押して痛むという症状だったため、重い腰を上げて歯医者へ。

上の歯を抜かないと駄目だろうな~とは思っていたけど、案の定、「抜きましょう」と言われ、すぐに抜歯準備。

さすがに3本目になると慣れもあって、不安はまったく無し。
この歯医者さん、麻酔の効き辛い私の体質もよく理解してくれているしね~。

それにしても露出している歯を抜くのは早いっ!
今回は1分位だった。2年前に右下の親不知を抜いた時は1時間位かかったから、それに比べればあっけないくらい。

抜いた歯は虫歯になっていた。いずれにしても抜かないと駄目だったよね。
記念にいただいて、次男に見せたら「なんで黒くなってるの?」と。
虫歯になったことない次男にとっては初めて見る「生虫歯(笑)」だったようだ。

抗生剤と痛み止めはすぐ飲んだけど、今夜はちょっと痛むだろうな…(´o`;)

| | トラックバック (0)

脱・ぬいぐるみ

歯科の診察があり、親不知跡に詰めてあったガーゼを外された。
先生曰く「多少出血はあるけれど大分治ってきているので、しばらくガーゼを外して様子をみましょう」と。
詰め物がなくなったせいで、なんだかスースーするが、穴が塞がっていけば大丈夫らしい。

というわけで、私のぬいぐるみ生活は終了。
良かったと喜ぶ私の横で、旦那がちょっと残念そうな顔をしていた。
…何でやねん(-_-;)

|

ぬいぐるみ続行

今日、歯医者に行って、先日ガーゼを詰めた場所を見てもらった。
「うーん」という先生の声。いまいち治りが良くないらしい。
そして、またガーゼを詰められてしまった!Σ( ̄□ ̄;)

帰り道、旦那からメールが届く。「歯医者どうだった?また、ぬいぐるみ?」
…何でそんなに楽しそうなんだよっ!!(-_-;)

|

日常

ぬいぐるみになったおかげ(爆)で、めでたく歯痛は治まった。
あぁ、痛くないって素敵♪

20090903_ 小学校の給食が始まったので、ようやく私の日常が戻って来た。
来月のイベントに向けてのベア作り。涼しくなってきたから縫い作業も捗る。
途中、コーヒーでも淹れようと席を立ったら、たろうがケージからこちらを見ていた。
可愛かったので、思わずパチリ。

|

ぬいぐるみになった日

待ちに待った抜糸の日。
先生に「経過はどうですか?」と聞かれたので、まだ痛みがある旨を話した。

メインの抜糸はあっと言う間で拍子抜け。
傷口に器具が触れると多少痛いが、我慢できる痛みだ。まだ完全に治っているわけではないので仕方ない。

問題は親不知のあった場所!
消毒をした後で話を聞くと、一部血餅が乗っていない場所があるという。
ドライソケットの話をしたら「そうです!よく知ってますね」と言われた。
やはりドライソケットだったのか・・・しかも一部だけ。

先生は「穴に抗生物質をつけたガーゼを詰めますね」と言ってガーゼを詰め始めたのだが、それが結構大きかった。
でも、どんどんどんどん入っていく。親不知の穴って大きいんだねー。ビックリ!

糸で縫ったり、切ったり。その上、ガーゼまで詰められるなんて…まるで自分がぬいぐるみになったような気分(爆)

治療が終わって、待合室に居る次男に「どうだった?」と聞かれ、つい「お母さん、とうとうぬいぐるみになったよ」と言ってしまった。
【なんじゃそりゃ?】という顔をする次男。

自宅に戻り、長男にこの話をしたら「とうとう、ぬいぐるみになれたんだ」と言われた。
旦那からは「これからはテディベアの気持ちに立って作ってあげられるね」と。
確かに私はぬいぐるみが好きだが、ぬいぐるみになりたい訳じゃない!
今度は私が【なんじゃそりゃ?】という顔になった。

|

DM作り

11月にある作品展のDM作りを開始!
画像の処理までは良いのだが、問題は配置とかフォント選びとか色合いとか。
こういうところでその人のセンスが出てしまう。そして私はセンスが無い(爆)

パソコンに向かう作業になると集中しすぎて、お尻に根っこが生えたように下半身が動かなくなる。気付いた時には大抵腰や目が痛いことが多い。何時間も同じ体勢なんて体に良くないに決まっている。
そうならないように、最近はキッチンタイマーをアラーム代わりに使っているのだが、今日は歯痛のおかげ(?)で集中力が無かったため、そんなの必要なかった。
良かったような、悪かったような…(^_^;)

明日はいよいよ抜糸。
その時に先生に痛みの原因を聞いてみるー。

|

より以前の記事一覧